log

介護報酬改定セミナー

2018年03月06日 | 介護保険制度

ファイル 2295-1.jpgファイル 2295-2.jpgファイル 2295-3.jpgファイル 2295-4.jpg

民間某社主催の 標記 セミナーに 出席して来ました。
東札幌の コンベンションセンターに 久々に行きました
が 道路がアイスバーンで 滑るし 寒いしで疲れました。
内容は わかり易い説明で ほぼ 概要をとらえることが
できました。

喜楽園における 介護老人福祉施設の 動向課題や地域
密着型通所介護事業の今後に ついての見通しも立ちま
したし、短期入所事業や 居宅介護支援事業所の道筋も
理解できましたが 運営や財政面でのプラス事項が余り
なく、現状維持で支出を 押さえていく以外にありません
し、今後 又 厚労省の三年後の 改正の布石も今回の
改定の文言や 進め方に現れていて 厳しい現実です。

訪問介護や通所リハビリ、老人保健施設やサ高住等の
同一建物減算など もっと厳しい 現実があります。

今週中に 改正の解釈通知、三月末頃にこの改正に関
する Q&Aが示されますので詳細についてはその後に
なるようです。

事業者にとっては  厳しさが増す 今日 この頃です。

17:52 | Posted by bgm997

介護(社福法人)の先は

2017年01月10日 | 介護保険制度

ファイル 2126-1.jpgファイル 2126-2.jpgファイル 2126-3.jpgファイル 2126-4.jpg

成人式での揉め事や派手な衣装は近年の事で 私は
式には無頓着で なにそれみたいに意義を感じず出席
しなかったわけで(バイトしてました。)高校の卒業式に
はまだ受験が残っていてこれもパス 大学の卒業式は
あの武道館で あって開始に10分程遅れたら父兄席に
廻され大学担当ジムのお嬢様からは社会に出たらこう
はいきませんと叱咤を受けましたがもう既に 仕事務め
していて 昨日も残業だったのにと思っていて ちょっと
ひねてさめていた頃で 今の関わり方とは異質でした。

さて タイトルに入りますが

これから 十年二十年 三十年とスパンを 長めにみて
の 介護業界の 行き先ですが

高齢者ケア サービス業に ついて 介護保険制度創設
前から 産業として 脚光を浴びた時期があってその後
急速に制度が変換し 介護の社会化をモットーに民間
事業者参入促進や社福法人とのイコール フッティング
論に伴って 派手な展開のように一見思えますが私見
として、30年後の衰退期 以降の予測を元に資本投下
を 現在 直近まで即していて、資産の減価償却の再投
資等は 今後の企業判断に任せてニーズのみ優先させ
ここまできてますが、純利が 見込めなくなった時のパ
ニックをずっと 先送りし伸ばしているように 感じます。 
もともと 社会福祉法人は 営利を目的とせず地域福祉
の維持 向上を理念として掲げていますが その継続が
年々 難しくなっていることを感じますし世間一般からも
問われてるように思います。スポットライトを浴びるわけ
でもなく「縁の下の力持ち的役割が」求められています。
人事 それに 新規雇用 職員の育成 等々 ウィーク
ポイントが山積の介護業界ですが 特に特別養護老人
ホーム(介護福祉施設)は ピンポイントで就職活動から
敬遠され気味です。(コンフュージョン から カオスへと)
理由は 明確で あえてここには書きませんがご想像の
とおりで これからが一番厳寒の季節を 迎える 永い
トンネル期間に突入していて 灯り も だんだん 疎ら
になっており 高齢者福祉の根幹が揺らぎ 制度も益々
鋭角的な 国の戦略(財政難)で厳しくなっていて、すで
に 氷河期の 入り口に来ていると 現場で 感じます。

でも これだけは 伝えておきたいことがあって それは
脚光を 浴びる ことは 少ない 職業 だけれど 陰 ながら
支援していく存在で 一見誰でもできる仕事で つらい事
も多々ありますが その介護の森の奥は深く 専門的な
スキルを習得することで 自信 を得て対人援助サービス
の理解を 俯瞰することができて きますし もっと充実感
や 向上意識も 生まれ やりがい のある 仕事に なる
わけであとは待遇面での ゆとりをもって だけなのです。
どの仕事に おいても 道は 平坦ではなく 遠いものです。 
(どの 業界 どの職種であっても その道の プロになる
には厳しい道のりで ひととおりの流れと時間は必要!) 
♪ It's not a spotlight  ♪ ロッド スチュアート
アトランティク クロッシングのアルバム スローサイドに
入ってる♪セイリングと この名曲バリー コールドバーグ
とジェリー ゴーフィンの共作でシミジミしてしまう 歌です。

17:55 | Posted by bgm997

記録はデザイン

2016年02月09日 | 介護保険制度

ファイル 1961-1.jpgファイル 1961-2.jpg

メモに書いてあって著名人が おっしゃった言葉を 書き留めた
のでその発信元まで メモっていれば とは 後の 祭りです。
自分のバイオリズムを知るには 3 years ダイアリーを 基に
自己分析し 大体の 浮き沈みの波を知っておくと なにかしら
不調の時も納得できるようで その対処法も時系列で 目安は
ある程度つけられるようですので私は5年括りのメモ的ダイアリ
派ですが それでも 年間の 流れや 仕事の 配分など 結構
役には 立っています。(以前書きましたが 最近は 買った時
から 5年持つか というより 生存していられるのかの 思い
も 頭のどこかに あるわけで 「あと5年」が ひとつの目標。)
書き手の 日常で そのデザイン性の良しあしも 決まるように
カラフルを目指すより シンプルさ を 求めるようになりました。
介護保険制度も より複雑化してきたシステムで ミスト状態の
様に思います。デザイン的には 初期の見通しの甘さが 原因
だと思いますし、この仕事に 従事している 者でさえ 疑問点が
多々 ありますので需要と資金とのバランスとりばかりが 目に
つくようでは トータルデザインの先はアンバランスのままです。

それでも 溺れ無いように 浮かんで いなければなりません。

♪ ボーン トゥ ラン ♪ ブルース スプリングスティーン
ブルースの最大ヒット曲。あと♪ハングリーハートや初期セカンド
の♪ロザリータが 優れもの♪アイ ウォナ メリー ユー もイイ。

12:59 | Posted by admin

社会保障制度の行方

2015年08月07日 | 介護保険制度

ファイル 1852-1.jpgファイル 1852-2.jpg

お隣り 潮香園さんの夏祭りに ご挨拶かたがた行ってきました。
焼きそば フランクフルトなど ごちそうになり、大正琴の演奏や
吹奏楽演奏、踊りやフラダンスなど 賑やかで 雨も降らずに 程
良いお天気で 楽しませて いただきました。

次の話題は 固めですが自分の整理の意味もあっての まとめです。

業界誌 月刊 老施協(老人福祉施設協議会)7月号の特集記事に
(政府が「骨太方針2015」を 発表) 社会保障制度の あるべき姿 を
テーマに その方針が 介護業界に もたらす 影響 としての 記事
があり その詳細を読み取って 概要だけを 記して おきます。
その柱として 国の 経済・財政 再生計画は '20年度に 国と地方の
基礎的財政収支を「黒字化する目標達成」に 向け、'16から'18年度
までの3年間を※集中改革期間 と位置付け 目標に対する目安と
している。その効率化や予防等制度改革に取り組み社会保障関係
費の伸びを、高齢化による増加分と消費税率引き上げと合わせて
行う充実等に 相当する水準に おさめることを 目指している。
この中間仕切り点の'18年には選挙への関係と医療・介護分野での
次回(三年後) 診療報酬・介護保険報酬 制度の 同時改正時期であ
り、消費税率やその進捗状況を含んでの中間点時期設定でもある。
社会保障給付費の 削減が進むなかで 年金、医療、介護等の削減
割合も示されている ことから セーフティネットとしての 役割も以前
より 低いライン設定になるはずで 現状では 立ち行かなくなる危惧
もあるが 世界に冠たる 国民皆保険・皆年金制度の維持・改革を
目指し、やはり第一に国民が納得できるあり方で実施してほしい。
ここからは私見も挟んでの介護のことですが 地域包括ケアシステム
による軽度者への予防事業への切り替えと支援、地方の特性を踏ま
えた給付のあり方の構築をもっと、地域の智慧で進めなければ弱者
切り捨てのシステムに ならぬよう 福祉の観点からも 強化していく
ことにつきると思う。消費税UP、受益者負担や適正化とマイナンバー
制度の導入により、政府は、より多くの負担を 国民に 求めているが
現実問題として、医療のベット数の削減や介護施設多床室の部屋代
等の負担も増え、現在の7段階の要介護・要支援の区分も現時点で
施設入所は要介護度3/4/5の重度者へシフトし今後は要介護度1/2
の方は特例入所も可能ではあるが、いずれ予防事業枠の地域包括
ケアシステムのなかに含まれるとの意見もあるしその7区分もいずれ
「3区分の大枠」として区分するような動向も あるわけで危惧している
状況で、たとえば デイサービス事業も 通所リハ・福祉系通所デイ・
民間の運動デイサロン・ボランティア等のゲームサロン等、よりADL
や かかる費用の振り分けによる サロン化も進むわけで そのなか
で その地域で どのような立ち位置(価値)でサービスを提供し事業を
変化させ 維持して いくかが 事業者にも 課せられている わけで
形態が多様化している 高齢者施設等も 住まいとして 一本化して
介護の外付け利用や成果、介護内容・設備・アメニティなどを考慮し
(居住費は別枠)保険報酬額の区分により レセプトの増減をより明確
に示したなかでの 利用者側の選択に ゆだねる形に 向かうことも
方法論としてはありますし病院等医療もフランス型在宅入院医療化
(在宅を中心に一時期のみ病院)も考えられています。(民間 の救急
車・医療職配置での事業を保険や自費で対応させ、必要の都度 医
療とのパイプとして活用する方法で その病院と自宅を 結ぶ手段)
とにかく 既存のシステム ではなく 新たな 第一歩が 必要です。

13:11 | Posted by admin

7月 末日

2015年07月31日 | 介護保険制度

ファイル 1847-1.jpgファイル 1847-2.jpgファイル 1847-3.jpgファイル 1847-4.jpg

あじさい が 綺麗に 咲いて います。

早いもので
7月も 末日で  明日から 8月に入ります。
お盆を 過ぎると 北海道では 暑さのピークも 過ぎて
過ごしやすい季節になりますので もう少しの辛抱です。
ボイラーの取り換え改修工事も今の所 順調に推移して
おりますので 来週の 初めころには 試運転できる予定
で配管工事も含めて 細部は まだですが 給湯が使用
できるように なると 思っております。

それから 相談員等に お問い合わせが多いですが今度
の介護保険制度の改正により 一部負担金や減免制度も
変わりますので ご家族様には ご迷惑をかけております
が 国の制度改正による変更ですので ご容赦願います。

①一定所得のある方は、介護サービスの 利用者負担の 割合が
1割から2割になります。※本人の合計所得金額が160万円以上・
同一世帯の65歳以上の方の年金収入+その他の合計所得金額
が単身で280万円以上、二人以上世帯で346万円以上又、市区町
村より 介護保険負担割合証が 交付 されていますので、それで
確認が できます。
②施設入所やショートステイを利用されている方の食事・居住費
の費用 軽減が 受けられる 基準が 変わります。
(補足給付 の 選定 基準が より 厳しく なります。年収等が
低くても預貯金や有価証券など配偶者がいない場合は1千万円、
いる場合は2千万円を超えると 負担減免は受けられません。)
③介護老人福祉施設の多床室(四人部屋・二人部屋等)居住費が
変わります。※水道光熱費が4月から370円になり、8月から多床
室の部屋代も含めて 一日の計で840円の負担金に なります。
(食事代は 従前どおりの 一日単価「三食計で 1,380円」です。)

施設に 関しては この三点が 8月1日から改正されることになり
ますので 文書等々での ご確認をお願いいたします。

それにしても 施設の 介護報酬 額は 4月から ダウンしていて
苦しい台所 事情ですし、ご利用者本人やご家族様には負担額が
増えますので、国の財政難が 大きく左右しているわけです。

介護給付費も 2000年で  年間 3.6兆円だったのが
       2014年の 推定で10兆円弱に達するようで
一般会計を含めて 今までの
国債の発行額も 約 1千兆円と 報道されて いますので
三方一両損の痛み分け みたいな 現況になっています。

それぞれに 踏ん張りどころの時代に突入と 認識します。

日本の内も外も 世界全体がなんだか妙に揺れている感じ
がしていて 其々 閉塞感や疎外感孤立感が 漂います。 

08:55 | Posted by admin

夏 近く

2015年07月02日 | 介護保険制度

ファイル 1824-1.jpgファイル 1824-2.jpgファイル 1824-3.jpgファイル 1824-4.jpg

やっと 晴れた日で 夏が 近づいてきた 感じが あります。
自分の 目の前にある 風景を 毎日 楽しむような ゆとりが
必要な 季節です。 あまり 気ばかり せいていると何かを
見落としたり忘れたりするので 身の丈に合った生活サイクル
をキープするのが 得策 のように 思います。音楽 記号の
休符 フェルマータのように 出る時に 出せれば良いという
覚悟と自覚があれば フォルテシモもなんとかなるものです。
良いメロディには カウンターメロディも 不可欠です。
今の
介護保険制度には 助奏が無い気がこの所ずっとしています。
複雑すぎて 口ずさむことも 出来ないですしね 。
措置制度から介護保険制度に 移行した時の 理念は何処に
行ったのでしょう と ぼやいても 始まることでは ありませんが
ハーモニーも 不協和音気味に ズレてきています。
業界も 氷河期に 入ったようで 固まっていて 溶け出す 時を
見失って いるように 感じています。

♪ミスター ロンリー♪ フランク プールセル
FM ジェットストリーム 夜間飛行 ナレーション城達也さんの頃
は 就寝前に聴いていましたが イージーリスニングの調べが
心地よかった番組のテーマ。レターメン等々歌物も良いですが
深夜に聴くなら インストルメンタル ストリングス の この曲。

11:34 | Posted by admin

介護報酬減額改定

2015年02月09日 | 介護保険制度

ファイル 1740-1.jpgファイル 1740-2.jpg

今回の介護報酬減額は 早くから審議され 囁かれて いましたが
加算算定を 外した基本報酬にすると ▲5.6%の減額で 各事業に
より その減額 幅の大小の 差は ありますが、事業者に とっては
今までどおりの運営をしていると 既に 赤字 運営になるわけで
非常に 厳しい 現実である ことを 一般の方にも理解してほしい
と この ブログでも 解説せざるを得ない状況に あります。
特に単独法人や医療系列との連携が難しい法人 小規模事業所
通所や訪問関係も複合サービスが取れない所や加算が算定でき
ない規模の所や 地域事情の兼ね合いもあって苦しい台所です。
少し前の段階において大筋についてはここで 書いておりますが
もう少し掘り下げますと 現実的に次年度は1千数百万円の減収
で今年度まで毎年繰越可能な金額は3百から5百万円ぐらいです
から確実にマイナス決算になります。その内人件費支出が約6割
から7割弱を 占めますので その運営の厳しさは 他の産業の方
でも 容易に 察しがつく はずです。職員の 平均賃金も けっして
高いとは言えませんし それ故に募集してもなかなか人も集まらず
人材不足も深刻な状況です。それでも経費節減等企業努力に努
めて なんとか 赤字ではなく 限りなく収支ゼロを目指しますので
それで やれてしまうと 今度はさらに次改正時に追い打ちをかけ
られることで 負の連鎖を繰り返しながら陥っていく事になります。
大概は職員が中途退職した後の補充ができなく それでも基準より
多めの配置をしていますので なんとか切り抜けているわけですが
その退職者 人件費分が 消極的な理由で繰越金となっております。
更に重度化認知症対策化により 要介護度3以上のご利用対象者
施設として 特別養護老人ホームは進むので、ご利用者の病院へ
の入院リスクも増え収入減に繋がりますし、在宅における各リハ・
医療・介護サービスは厚く報酬が算定されては いますが、三ヵ月
後 見直しや成果査定等でその後は 厳しく報酬の段階も下がって
いきますし又プラス要因の各加算のハードルも徐々に高く設定され
ていますので 大筋で介護保険料の抑制に見合うと踏んで 国民の
不安や矛先を こちらに向けての辻褄合わせをしたわけで 本音は
もっと大幅減算したかったのを かろうじて 外す梯子だけは残して
繰越金・収支率を盾に今回改正案を推し進めたものと思われます。
事業者は減額ですが ご利用者は実質負担金増と今年八月からは
個室以外の多床室においても 一日470円月で約1万4千円の部屋
代を別途求められることになります。(一応負担は 下がる形ですが
減額の見直しや二割負担等 実質的に 全体で 増える可能性。)
旧 措置制度から 介護保険制度に変わるときに 国は いままで
福祉を担ってきた 社会福祉法人を 苦しめることは 絶対に無い
と言い切った当時の政府高官と議員さん達の言葉はどこに消えて
いって しまったので しょうか。 安倍さん しっかりして 下さいよ。
マスコミも 記事やニュースで この 核心には触れていませんね。
このまま 運営継続が できるという 保証もなく、建設費や大規模
修繕の借入金の 返済の目途や 今後の改修費用 人材は 勿論
人員の深刻な不足にも対処し ケアも向上させ 地域貢献もという
社会福祉の根幹に関わることを 財源もなしに 求められることは
非常に 厳しすぎる 国の独断的な地域包括ケアシステムの推進
だと思うわけで小規模な事業所や財政基盤の弱い事業所や職員
の募集がスムーズにいかない所など これから事業を廃止する所
も 出てくるでしょうし、大規模 法人への 吸収合併との 選択肢も
考えなければ ならないでしょう。まず 自分の 所の 財政の健全
化 が 一番の これからの 仕事 だと 覚悟して おります。
(減額シュミレーションは特養・デイ・ショート・居宅の合算合計額。)
介護・医療・年金(社会保障費)について
個人的に 自分の老後も非常に 不安が ますます増しています。

久々に 寒さ も 増し シバレル 本来の 冬の 二月です。
♪ ヘルプレス ♪ ニール ヤング
この歌が 今回の 介護保険改正のテーマ曲のように 響きます。

11:31 | Posted by admin

介護報酬改定セミナー

2015年01月23日 | 介護保険制度

ファイル 1735-1.jpgファイル 1735-2.jpg

昨日は吉岡経営センター主催のタイトルセミナー(改定のポイント
解説)に 参加のため 札幌まで 日帰り研修 でした。
夜はめずらしく 雨模様で 夕食を済ませてから 帰宅しました。
講師は (株)ヘルスケア経営研究所 副所長 酒井 麻由美 氏
で、各事業区分の詳細な改正内容や単価は2月6日頃に 厚労省
の発表がありますので、その前段階の流れと各事業所向け対応
対策が 主な 講義内容でした。
今回の改正や大筋の流れを 現段階で ほぼ 把握できましたし、
今後の事業展開や 引き締めドコロを押さえる ポイントも理解
でき マクロに対する ミクロの視点が 良かったです。
会場も アスティの12階の やや広めの会場で 社福法人は勿論
のこと、医療関係や老健関係等の幹部で満杯、手狭に感じるほど
しっかりと 皆さん 受講されて おりました。
マスコミ発表は 介護報酬改定▲2.27%ですが、経営 実質的には
マイナス4.48%であること、また 処遇改善加算の執行の厳格化が
記され 研修実績や昇給などの査定により 加算の取り消しもある
とのこと。医療と介護の需要は、2025年以降は 大きく増えず逆に
地域によっては大幅に下降するので 各地域の実態を それぞれ
の事業所ですぐシュミレーションしておくこと。
医療介護総合確保推進法の目的を きちんと捉えておくこと。
医療関係は在宅復帰率を満たすことを前提に 経営すること。
訪問看護訪問リハ訪問介護セットで病院退院後1カ月はケアプラン
に示しておかなければ 今後の展開に不足が起きること等々前回
改正時の積み残しや さらに 次々回の改正はもっと厳しい査定に
なると 予測されることを 各事業別について粗いですが納得できる
説明でした。各病院は入院日数の減、リハビリ関係は 成果主義に
なり、各加算もバーが高まり、取りずらく 厳しい内容になっていて
より重度化 より看取り より介護度改善 より 稼働率を あげて
マイナス改定を なんとかプラスに転じなければと 強く思います。
地域の医療や ケアマネとの関係 他事業所との 連携等を意識し
自事業所を もう一度見つめ直してコストカットと 職員の維持、なに
より 確実でスピーディな フットワークが 求められています。


 

17:50 | Posted by admin

介護保険制度改正考

2015年01月17日 | 介護保険制度

ファイル 1730-1.jpg

これは あくまでも 私的見解です。

よく デイサービス事業 等の 収支差額率を持って 繰越金が
多く 収益率が 多いと マスコミなり 厚労省が 資料を数字で
示していますが、それは 都会型の ご利用者が 多く潜在的な
待機者が 多い 地域の事で あり、過疎地や 広域にわたって
事業を展開している所の 多くはその自治体(当該町村)が その
事業の 例えば 係る 人件費や事業費の一部の赤字相当分を
自治体の予算で 補助金として負担して 結果 採算を (±0)と
決算の収支報告をしている地域・事業所も多く、大きな町小さな
市以上の規模の所では、補助もない地域が大半ですし事業者数
の多い地域は 勿論 その事業内容での競争により 経営を維持
しているわけで その事業の不足分を他の事業会計や法人本部
からの繰入金で 収支のバランスをとって マイナスを ださぬよう
に 単年度 単年度やりくりをして かろうじて赤字を免れるように
努力をしているはずです。これは訪問介護事業や居宅介護支援
事業所 等についても いえることで はたして その辺の 全国
的な数字を どう 国は とらえているか というのが 疑問として 
残っています。多分その辺の数字は見落とされ 数字のマジック
だけで 今回の 介護保険制度単価改正や 制度改正に走った
ように思うわけで 財政難や 費用の膨大な膨らみは 理解して
いますが納得できる根拠や今後の姿勢に対し 不満は残ります。

P.S.これは はっきり記しますが通所事業 訪問介護事業 居宅
介護支援事業 介護老人福祉施設等事業は嘱託 パート職員が
いなければ 人件費分さえも(特にボーナス等分) 賄えません  !

12:50 | Posted by admin

介護保険見直し案

2013年11月28日 | 介護保険制度

ファイル 1496-1.jpgファイル 1496-2.jpgファイル 1496-3.jpgファイル 1496-4.jpg

厚生労働省の諮問機関である 社会保障審議会が2015年度
改正の介護保険制度見直しの 意見書素案を 示しました。
国会の秘密保護法案の記事に隠れてしまいましたが、こちらも
大事な 制度 改正 案 です。

噛み砕いて 少し細部に渡って ご説明しますが やはり ここ
まで 強いるか というのが 正直な 感想です。
まず高額所得者のサービス負担料金が 2割負担になります。
(現行1割の自己負担)年収換算では単身者で280万円以上の
収入のある方(全国で40万人超の 試算)、また 介護施設に
入所している方の 食費や居住費を補助する 補足給付制度も
縮小、預貯金が一千万円超の方は 補助対象から外されます。
現在要介護度1から5の方が介護老人福祉施設等に入所でき
ますが、改正後は要介護度3から5の重度者のみとなり、軽度
の方(要介護度 1と2)は、一定の 条件(社会的 理由等)を
満たした方 のみが 対象と なります。
もっと軽度の要支援 1と2 の方の訪問介護(ヘルパー)と通所
介護(デイ サービス)については 市町村の事業に移管されて
介護保険制度と切り離す形です。(各地域の事情によりサービス
内容や負担額等の ばらつきが生じます。)ただし医療系の在宅
サービスについては(訪問看護・通所リハ-デイケア サービス)
現行の介護保険制度に残るので 福祉と医療の線引きをされる
ことになります。(現在 全体の ほぼ6割は 福祉系サービスを
利用していて その 費用 の 減額 が 大きな 狙いです。)
事業所サイドも 現在の 要支援者へのサービス単価が 介護
保険の利用料金より高い設定を 地方自治体は まずしません
し財政難により効率的で、より低い単価設定に なる予測です。
一点だけ 良いことは 低所得者の介護保険料を 軽減すること
ですが個人の負担でみると 微々たる額が減額されて サービス
利用料は あがる予想ですので 現状を維持したい ご利用者は
利用回数を 減らしたり 自己の予算内のやりくりで サービスを
調整していく ことに なります。
サ高賃(高齢者向けサービス付賃貸住宅)も、介護保険との抱き
合わせで 運営しているところも多く 負担増に 繋がります。
先日 重度身障施設の社会福祉法人を道内に三ヶ所立ち上げた
福祉黎明期の先駆的役割を担った先生の 講演を 拝聴しまして
その 信念と 気骨のある 凛とした 言葉に 打たれましたが、
札幌やその近隣では、高齢者向け施設が 沢山できているけれど
今 現在 自分の 年金所得で 生活できる 高齢者施設等々は
三割ほど しかなく、富裕層向け仕様に なっているところが大半
で 北海道では二十数年後の人口の推移で 札幌圏内のみ 総
人口の55%を 占める 予測で、あとの地方は 過疎化に向かう
との ご指摘どおり で ある と 思っています。

団塊の世代が後期高齢者(75歳以上)に突入すると今回の素案
よりも もっと もっとと いうことになる わけです。
なにより 自分の 老後の 行方が 心配です。

12:58 | Posted by admin